一平ちゃんのBlog『音楽は鏡』

DTMを中心に音楽関連の記事を更新していくブログ

エフェクタ紹介:Mu-tone Driver(HAO)

     f:id:fightman0881:20170602232558j:plain

コイツは中々クセが強すぎて使いこなすのが大変です.ですが,少し粗い感じの音がこれまたたまりません.

HAO のMU-TONE DRIVERというディストーションです.購入したのは2007年頃だったかな.実は最近まであまり使っていませんでした.なぜあまり使っていなかったかというと・・・

 

①電源は9V電池のみ(DC電源ジャックはありません)

②電池しか使えないため,気軽にボードに組めない(ケーブルを差しっぱなしにできない)

③エフェクトON/OFFを確認するLEDインジケータがない

④高音域がかなりキツすぎる,EQ必須

 

などなど.

男の中の男,といったエフェクターでしょうか(笑)とにかく高音域が耳に痛いくらい出

まくってジャリジャリするのであまり使うことなくお蔵入りでした.

しかし,最近になってバンドで使う機会があり,使ってみたら意外とバンドサウンドに馴染む音だなと思うようになりました.サウンド的にはブンブンと潰れた感じなので,ジャンルによりけりなところもありますが.ギターソロで使ったりするとしっかりと音圧があるサウンドでグッと音が前に出てきてくれます.

先程高音域がかなりキツすぎる,と言いましたので,当然EQで高音域を削って使います.ちょいと面倒.

f:id:fightman0881:20170602233235j:plain

インプットとアウトプットのシールドジャックがあるのみ.側面や反対側には何もありません.

f:id:fightman0881:20170602233240j:plain

モードの切り替えが可能で,SINGLEとDOUBLEの2種類あります.SINGLEモードではメインゲイン回路のみを通したサウンド,DOUBLEモードではプリゲイン回路とメインゲイン回路を通したサウンドになります.

f:id:fightman0881:20170602233243j:plain

SINGLEモードでは右側のOUT GAINノブのみ有効で,左側のPRE GAINノブを回しても変化がありません.OUT GAINと書いてありますが,ボリュームです.歪みの量は調整できませんがそこそこ歪みます.

DOUBLE MODEでは両ノブが有効になるので,PRE GAINノブで歪みの量を調整し,OUT GAINで音量を調整する,といった使い方ができます.

 

といっても,音を聴いてみないことには始まりませんので,サウンドチェックを動画にしてまとめましたので是非ご覧下さい.動画の最後に少しだけバンド演奏風のオケも付け加えましたので,参考になればと思います.

 


HAO MU-TONE DRIVER sound check【ディストーション】【エフェクター】【歪み】【音作り】【Distortion】【Rust Driver】

 

↓↓ココナラで作曲サービス販売しています♪↓↓

BGM・インスト制作承ります 店内BGM,ラジオ,PR動画などに合うものを作ります!

 

ボーカル入り楽曲の作曲,アレンジ,オケ制作行います メロディは思い浮かぶが作曲が苦手,ライブでオケを使いたい方