一平ちゃんのBlog『音楽は鏡』

DTMを中心に音楽関連の記事を更新していくブログ

『捨て曲』ってなんだ?そんなものあるのか?

 

f:id:fightman0881:20170513061044j:plain

捨て曲,という言葉を耳にすることがあります.

ニコニコ大百科で見てみると,聴く側の主観で聴く必要が無いと判断した曲,だそう.この曲だけジャンルが浮いている,テーマ性が適当,魅力的でない,などの理由で捨て曲と判断されるようです.

dic.nicovideo.jp

 

その他のウェブサイトでは,アルバム曲数の埋め合わせで作られたかのような曲,という記載もあります.

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

なるほど.個人の見解ですが,数の埋め合わせっていう考え方は,日本のCDや音楽の聴き方が少し影響している気もします.

 

皆さんはミュージシャンのメインの作品がシングルCDかアルバムCDの2択で言ったら【シングルCD】だと思っていたりしませんか?そもそもミュージシャンはアルバムCD

を作って,そのアルバムを引っさげて全国ツアーに回って,ということが主な活動の一つだと思いますので,私的には【アルバムCD】がメイン作品だと思っています.

私も小さい頃はそうでしたが,「シングル曲が何曲かできたし,あと何曲か作ってアルバムでも出そうか」って感じで作っているのかと思ってました.しかし,実際はそうではなく,あるコンセプトをもってアルバムが作られる中でそのコンセプトやアルバムを宣伝する良い曲になるそうなものを【シングル・カット】してシングルCDとして発表する,ということだったのです.なるほど,自分が考えていたこととは逆だったのですね(笑)いや,中にはドラマの主題歌や何かのテーマソングのタイアップになってシングルCDで出されることもあるので,一概には言えませんが.

確かに,アルバムを出す前に2,3曲シングルCDを出して次に出るアルバムの雰囲気はこんな感じの音使いですよ,とかこんなことがテーマになってますよ,と匂わせることもできますし,何よりミュージシャンがしっかりと継続して活動している証にもなりますね.

 

こう考えると,埋め合わせという意味での『捨て曲』という言い方は全く持ってナンセンスだと思います.だってアルバム収録曲が12曲だったとしたら20曲とかそれ以上候補曲があってその中から厳選されるわけですから.数が足りないどころか除かれちゃうんですから.で,今回のアルバムのコンセプトとは合わなかったけど次回出るシングルCDのカップリングに使用される,なんてこともあるわけです.

当然,主観で評価して『捨て曲』だと判断するのは全く問題ないと思います.ミュージシャンが汗水たらして作ってどうだ!っと出されても聴く側でそれぞれ良い悪いの評価はあると思いますから.

 

いずれにしても,アルバムCDこそミュージシャンの魂が込められた作品であり,その時その時で思っていたことやテーマにしていたことがよく伝わってくるもの,と思ってアルバムCDを聴くとまた新しい発見があるかもしれませんよ?(^_^)私もこの考えになってから,前は好きではなかったけどジャケット見たり歌詞をじっくり考えながら聴いたりしているうちに好きになった曲いっぱいあります.当然,時間が経って今は理解できるようになったから好きになった,っていう曲もあります.

 

皆さんの中で『捨て曲』がどんどん減っていけば良いなと思っています.もっと皆さんの音楽ライフが充実したものになりますように!!

 

 

↓↓ココナラで作曲サービス販売しています♪↓↓

BGM・インスト制作承ります 店内BGM,ラジオ,PR動画などに合うものを作ります!

 

ボーカル入り楽曲の作曲,アレンジ,オケ制作行います メロディは思い浮かぶが作曲が苦手,ライブでオケを使いたい方